ゆうリワークセンター

2月3日より「ゆうリワークセンター」が始まりましました


リワークプログラムのご案内

2月3日より、ゆうメンタルクリニックではリワークプログラム(復職支援)を開始しました。
休職中でリワーク(復職)を目指す人、復職をしたいけれど会社の人事との話し方がわからない人、会社を退職してから別会社で再チャレンジしたい人、いよいよ復職をしたけれど再発が心配な人。
そのすべてが対象です。

◆リワーク支援プログラムを受ける、7つの大きなメリット

1.一人で悩むより、みんなで一緒にいろんな事にチャレンジ

休職中の人の中には、職場の同僚と接点をなかなか持てなくなってしまう人は多いです。
そのため、社会的に孤立感を深めてしまう可能性があります。その結果、経済的不安、職場に迷惑をかけたという罪悪感などを抱えてしまうことが多くあります。
リワーク支援プログラムでは、同じ悩みをもつ人が集まることで、悩みや想いを共有できる仲間をみつけることができます。

2.生活リズムを作る

休職中は生活のリズムが崩れてしまうことが多く、復職の際に生活リズムを戻すことができず、メンタル不調の原因になってしまうことがあります。
通勤を想定した時間に起床し、規則正しく食事をし、日中に集団で活動することで、規則正しい生活リズムが作られていきます。

3.ストレス耐性を作る。

うつ病などの疾患の正確な知識をしっかり学んで、休養や服薬などの治療を中断しないようにして戴きます。あなた自身に主体的に治療に参加してもらえる教育をします。
ストレスをためやすい認知の修正、対人関係の基本的な技能訓練を通して治療と再発防止の準備をします。

復職後を見据えたプログラムを実施します。

4.職場環境と似た環境に慣れる。

リワークプログラムを通じて、業務を行う環境に慣れましょう。PC作業、模擬の打ち合わせなど、様々なプログラムを用意しております。
模擬劇や実際の悩みなどを通じて対人関係のストレスをメンバーと共有し、解決していくプログラムもあります。その過程を通して、ストレスを抱えず、円滑に社会生活を行う能力を身につけます。

5.再発のリスクを軽減

「いま自分はどの程度疲れているのか?」を客観的に把握する能力を身につけます。
当院では自己管理シートを使い、ゆうリワークセンター以外での生活の記録をつけることを推奨しています。その自己管理シートをもとに、自分の今の状態を適切に捉え、専門家の視点からアドバイスを行うことで、その後の生活を安定して行えるよう支援いたします。

6.復職、再就職に向けた強い味方

職場に症状に応じた配慮を伝えることも必要です。そのお手伝いをいたしします。
復職の際、人事担当者と話をする前に、自分の状態を言語化し、適切に伝え、復職後について調整する必要があります。専門家の視点から自分の状態、希望を伝えるサポートをします。

7.周囲との調整

同意や依頼を得たうえで、リワークプログラムのスタッフがあなたの症状を職場の方と共有します。症状や不安を専門家の視点から適切に伝え、継続して就労を行うことができるよう、職場環境の調整にむけて提案します。
また職場の方も休職中の様子がわからず、どう接していいのかわからないことが多くあります。そういった面で、職場の方にとっても理解を深めるきっかけになります。
職場の方の理解が深いほど、復職後、より安心して働くことができます。

 

心の悩みを抱える仲間が一緒に集い、楽しい様々なプログラムにチャレンジします。
ゆうリワークセンターに通うことで正しい生活リズムが自然に身に付き、社会復帰に向けプログラムを実践していくことで、治療効果をさらに高めます。
ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

ゆうリワークセンター直通電話 TEL 03-3377-1112

※2月3日より見学・面談開始、2月17日よりリワークプログラム開始となります。

目次

■ リワーク(復職支援)について

リワーク(復職支援)は様々な理由で休職中の方に対し
集団活動を通して復職への力をつけていくサービスになります。

リワークを利用する目的は人によって様々で、

①生活リズムを整え就業する体力をつける
②仕事をする上で必要なコミュニケーション技術を学ぶ
③復職後に役立つスキルを身につける

といった目的で利用されます。その為ゆうリワークセンターでは

自分のことを知ったり
仕事上での人との関わり方を考えたり
簡単なパソコンを使用しての事務作業を覚えたり

など、様々な活動を行います。

● リワークプログラムの効果

リワークプログラム利用した場合は

再休職のリスクを約半分に抑えることができる

と言われています。
症状にもよりますが、復職に向けて段階的にリワークを利用する効果はあります。

■ 費用はどのくらいかかりますか

公的医療保険と自立支援制度(精神通院)の併用により、原則1割まで軽減されます。

その人の状況に応じて月上限額が設定されたり0割になることもございます。ご利用される方はまずはご自宅近くの公的機関(市役所、保健所等)にご相談下さい。

1割負担の場合で一回700円程度となります。(公的医療保険(3割負担)のみの場合は2100円程度)

※初診時、処方時は別途、初診料、薬剤料が発生します
※利用料に関しては利用した日毎にお支払いをしていただきます。
※昼食に関しては、ご自身で用意して頂く形となります。
※その他プログラムを通して実費が発生する場合(外出を伴うプログラムにおけるご自身の電車賃等)もございます。

・自立支援医療について詳しく知りたい方はコチラ!

■ 利用までの流れ

 

step1:受診
ゆうメンタルクリニック、その他のクリニックで受診します。
その後、医師に精神科デイケアの利用が可能で、有用であると判断された場合、
見学や面談を通して、どのくらいのペースでデイケアを利用していくのか
何を目的として利用していくのかを、デイケアスタッフと相談します。

※以下の場合ご利用をお断りする可能性があります。
①医師より精神科デイケアの利用が有用であると認められない
場合
②復職又は就職の意思がない場合
③デイケアに安定して通うことができない場合

 

step2:復職準備(デイケア利用開始)
生活のリズムを整えながら、働く上で必要なことを学びます。
予約された日時にデイケアに通い、まずは生活のリズムを整えていきます。

また、グループ活動を通して、コミュニケーション技法について学んだり
ビジネスマナーを学んだりと復職に向けて準備を行います。

step3:復職活動
職場復帰に向けて通勤時間帯に電車に乗ってみたり
実際の業務に近い作業を行ってみたり
パソコンを使用した事務作業等を行ってみたりなど
復職に向けて具体的な活動を行っていきます。

また、離職中の方は就職に向けて面接の準備を行ったりなど
再就職にむけて活動を行います。

step4:職場定着
職場復帰に向けて、復職準備性評価を行います。
復職後、安定した生活が送れるように関係機関やスタッフと連携し
支援を行います。

まずは見学、面談のお問合せをください。

ゆうリワークセンター直通電話 TEL 03-3377-1112