新宿心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム 「『ただしイケメンに限る』は心理学的にウソ。」

新宿心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム

「『ただしイケメンに限る』は心理学的にウソ。」

◆ 本当にイケメンに限る?

さて、よくネットを見ていますと、

「ただしイケメンに限る」

という言葉がよく使われています。

たとえば、

「女は男からの告白や誘いを待っている!」

みたいなコラムやニュースにたいして、もうコンマ数秒の速さで、

「ただしイケメンに限る」

というコメントがついたりします。

実際、男性のあいだでは、やはり「男は結局、顔がすべて」みたいな意識があるのかもしれません。

でもコレ、本当でしょうか?

実はそれについて触れた心理学実験がありました。

◆ 個人広告での反応。

実はオハイオ州立大学の心理学者であるリンは、リビング・シングルという独身向けの雑誌で、さまざまな個人広告と反応について調べました。

個人広告というのは、

「自分は●●な男です! 恋人募集! メールください!」
「私は▲▲な女の子です! お友達がほしいです! 電話くださいね」

というような、恋人や友達を募集する広告のことです。

さてその際。

「ハンサムと言われることが多いです」
「かわいいってよく言われます」

と、自分の外見魅力をアピールしておくと、外見についての情報がないときに比べて…。

返事が来る割合が、大幅にアップしたそうです。

男性の個人広告では、67%アップ。

女性の個人広告では、92%アップしたそうです。

………。

あれ、逆じゃない?

「ただしイケメンに限る」こと、女性がイケメンかどうかを気にするのならば、男性の個人広告でこそ、アップ度合いが高くならないとおかしくない?

そう思いながら、もう一つ別の心理実験を紹介しましょう。

セント・ジョーンズ大学の心理学者ネビッドは、男性・女性が、「異性のどんなところに魅力を感じるか」ということについて調べました。

その結果。

女性は「あたたかさと優しさ」が、一位になりました。

逆に男性は、「外見的魅力」が一位でした。

………。

いや、あれ? 逆じゃない?

◆ 自分が思ってるからこそ。

そうです。
心理学的には、実は男性の方が、異性選びにおいて、女性の「魅力」を重視するのです。

「ただしイケメンに限る」

というのは、まさに男性こそが、「異性は顔だ!」と考えているからこそ、まさに鏡のように、

「すなわち女も、顔で選んでるはずだ!」

と思ってしまっているからこその発言なのです。

女性はそこまで激しく、「イケメンに限る」なんて思ってないのです。

◆ 造形よりも表情で。

するとここで女性から、

「じゃあ逆に、『ただしイケメンに限る』じゃなくて、『ただし美女に限る』ってこと?」

という感想が上がるかもしれません。

しかし!です。
ネビッドの調査はそれで終わりません。

男性が重視する「外見的魅力」とは何か?

さらに詳しく調べると、それは

「顔の良さよりも、表情の豊かさ」

こそが重要であることが分かったのです。

すなわち、純粋な造形美、たとえば二重だとか鼻が通っているとか…。
そういう作り的なものではなく、

「よく笑う」
「話にたいする、表情の反応がいい」

などの方が、ずっと大切というわけです。

実際、どんなにモデル的な美人でも、何を話してもツンとすましている女性は、あまりモテません。

逆にそんなに整っていなくても、男性が話すたびに、

「えっ? そうなんですか? スゴイ!」
「あははっ! ●●さんって面白いですねー!」

というように大きく反応してくれる女性は、モテます。

言うまでもなく自分自身、そういう相手の方が、一緒にいて嬉しいです。

◆ 大切なのは…。

よって大切なのは、とにかく「表情」。

相手が何かを言うたびに、大げさに笑ってあげたり、喜んであげたりしてください。

相手はそれだけで
「あ、話を聞いてくれてる!」
「自分を受け入れてくれてる!」
と思い、無表情な美形と話すよりも、数十倍喜んでくれるはずです。

これ、あなたが男性なら、なおさらです。

女性が重視するのは、外見以上に中身。

いつもにこやかで楽しそうに振る舞っているなら、あなたは今よりずっとモテるはずです。

◆ 自信さえもてるなら…。

ここで重要なのですが、自分自身、たとえばメイクや美容整形などを否定するわけではありません。

「自分は目がコンプレックスで…」という場合、そこを改善することによって、自信が持てて、何より表情が明るくなることもあるでしょう。

であれば、それは魅力がアップすることにもつながります。
でも大切なのは「内面の自信があふれてこそ意味がある」ということ。

とにかく「目さえ治せばいい」「鼻さえ変えればモテる」というわけではないのです。

そのことは忘れないでくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 今回のまとめ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○ 実は女性よりも、男性の方が、外見重視する!

○ しかし外見でも、大切なのは「造形」よりも「表情」!

○ よってまず、笑うことが大切。

○ それだけで、無表情な美形より、ずっとモテる!

………。

うん。

「でも、表情豊かな美形には勝てないんでしょ」

とか言わないでください。

しつこいです。
いいから笑ってください。

実際に自分自身生きてきて、そんな表情まで豊かな美形の方とは、ほとんど出会ったことはありません。
たいてい自分の美にアグラをかいているため、表情がなかなか育たないのです。
もちろん存在するかもしれませんが、そんな数万人に一人のレアキャラに勝てないからといって、あなたが行動しない理由にはなりません。

「ただしイケメンに限る」。
「美女に限る」。

なんて言葉で、何もしない言い訳を作らないでください。

大切なのは、今できる行動。
そこから、すべてが始まるんですよ。


(完)

ちなみに「モテる」「モテない」の話で思い出したのですが。

僕は「イチゴ」の発音がアヤしいです。
おそらく正しくは「イチゴ→」と、抑揚なく発音するのが正解だと思うのですが。

つい「イチ↑ゴ↓」というように、「イチ」にアクセントを置いて話してしまうのです。
矢印でイメージしにくい方は、

「ダンス」や「ジョゼフ」と同じと思ってください。

その発音で「イチゴ」と言うわけです。
ずっと東京で生きてきたはずなのに、独自になんか方言化してるのです。

で、一応は「イチゴ→」が正しいことは何とかここ数年で理解したんですが、それでもとっさに「あれっ? どっちが正しいんだっけ?」と思ってしまいます。

間違えた方を言ったら、恥ずかしい!
でも、言わないのもおかしい!

そんな僕は、苦肉の策として「ちゃん」をつけることにしました。

「あ、君、イチゴちゃん好きなんだね」
「僕はイチゴちゃんのケーキにしようかな」

一応「ちゃん」をつけることによって、イチゴの発音を間違えたとしても、

「あ、ちゃんがついてるせいで、イチゴの発音も変わるのね」

みたいに思われるんじゃないか。
さらにこの言い方で、異性から「カワイイ♪」と思われるんじゃないか。

そんなカンペキな作戦のはずだったんですが、なぜか普通に「イチゴ」と言う、数倍ヘンな目で見られます。

イチゴの発音を間違えてた方がマシだったんじゃないか、くらいな勢いです。

ただでさえ異性からの評価が微妙すぎる自分ですが、さらに悪化していました。
明らかにモテるための行動の方向を間違えた気がしつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 

(今度こそ完)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする