マンガで分かる心療内科・精神科in新宿 第32回「はじめての診察」


マンガで分かる心療内科・精神科in新宿

第32回 特別編「はじめての診察」 

 

 

 

 

 

 

 

 

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・ギャグ少なめで申し訳ありません…Y

 

<補足>

というわけで、今回はメンタルクリニック初診の様子をマンガでご紹介しました。

予診や心理テストは、クリニックによって差はあるかと思いますが、どのメンタルクリニックも、
基本的な診察の流れとしては、同じような形になるかと思います。

メンタルクリニックに受診をすると、どんな風なんだろう…?
特別ものスゴイことが行われるのでは…!?

という不安を抱いてしまう方は多いもの。

実際に気持ちが落ちてしまうと、特に未知の空間にたいしての不安感は強くなってしまうものです。

しかしそこまで特別な場所ではないので、あまり心配しすぎないでいただければ幸いです。

 

話は大きく変わるのですが、こんな心理実験があります。

被験者をAとBのグループに分け、

A→「我が国の大統領は、決して麻薬を使っていない!」という文を読ませる。
B→何も読ませない。

としました。

そしてそのあとに、「大統領は、麻薬を使っていると思うか?」
という質問をした場合、Aの方が「イエス」と答える確率が高くなったのです。

ヘタに否定することで、かえって「何でそんなこというの? さては…」と考えてしまうわけですね。

 

………。

マンガで「ゆうメンタルクリニックの診察はマジメです」とあえて言うことで、かえってこれと同じ心理効果が起こったらどうしよう。

そんな不安を抱きつつ、今日もこうして生きています。

 

そういえば、はるか昔、勤務医時代のとき。
ずっと沈んでいた患者さんが、突然、診察室に入ると共に、笑顔になったことがあります。

あ、信頼の気持ちが芽生えたのかな!?

そう思っていると、患者さんは言いました。

「先生、鼻毛が出てます」

 

芽生えたのは鼻毛だったようです。

しかしそのあと、患者さんの笑顔が少しずつ増えたので、ある意味、良かったのかもしれません。
でも鼻毛は切ることにしました。

色々な気持ちを思い出しつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)