マンガで分かる心療内科・精神科in新宿 第38回「夫婦関係で、うつにならない方法」

マンガで分かる心療内科・精神科in新宿

第38回「夫婦関係で、うつにならない方法」

 

 

 

 

 

考えてから、続きを読んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・自分はキン肉マンフィギュアが増えすぎです…Y

 

◆ 解説

夫婦関係とうつの話。
いかがでしたでしょうか。

実際にうつになる方の多くは、家族関係で問題を抱えていたり、一人暮らしだったり、家族で話せる方がほとんどいない…
ということが多いようです。
何より家族関係を良好にしておくことが、うつの予防のために重要なのですね。

また心理学では「好意の返報性」というものがあります。

ひと言で言うと、「好意には好意が返ってくるよ」というもの。
たとえば、

「被験者とサクラが、お互いを評価しあう」

という実験があります。

その際に、被験者をAとBのグループに分けて、サクラが

A「あなたはとってもステキな人だ」
B「あなたはあまり良くない人だ」

と評価しました。

そしてそのあとで、

「今、評価した人のことを、どう思いますか?」

と聞いたところ、Aの被験者たちの方が、サクラにたいして好意的な評価をしました。

まぁ、言うまでもない結果かもしれません。
とにかく相手から好意が欲しければ、何より自分から先に与えるべき、というわけですね。

この好意を示すには、たとえば「誉め言葉」や「プレゼント」、または「話をにこやかに聞いてあげる」などなど、
さまざまな方法があります。
ですので、この好意を示すことができる人ほど、モテていくわけです。

しかし。
この好意として示した行動のすべてが、期待した通りに伝わっているわけではない…
というのが、今回の話の結論です。

ですのでこんなとき、
「恩を仇で返された!」「自分ばかりがソンしてる…!」
と思うのは、あまり意味がありません。
相手だって、同じように感じているわけです。

すべて「お互い様」と認識した上で、また新たに、相手を幸せにするための行動をしてあげること。
たとえ相手に認識されなくても、何個も何個もやっていれば、きっといくつかは相手の心に残っていきます。

それができる人が、最終的にもっとも幸せを得られるんですよ。

ちなみに自分は学生のころ、憧れの女性に思い切ってプレゼントをしたことがあります。

当時、何を贈っていいか分からなかった自分が買ったのは、石けんでした。花王でした。
今から考えても、何を考えていたのか分かりません。

渡したときの、その女性のセリフは、いまだに心に残っています。

「あ…。お中元、ありがとう…」

 

あれー?
プレゼントと認識されてないよー?

どちらかというと、「行事」みたいな扱いになってるよー!?

 

お中元の時期が来るたびに、人間の行動ってうまく相手に伝わらないことを強く思い出しつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

単行本も発売中です。4巻は9月に発売予定です。

  

ゆうメンタルクリニック新宿院
 
03-3342-6777

お気軽にご連絡いただければ幸いです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする