新宿心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム 「結婚式のミステリー」


新宿心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム

「結婚式のミステリー」

 

 

まずは、こんな話を聞いてください。

ある女子大学の教授であるアキヒコさんは、今年で68才になります。

彼は最近、今年その大学に入った女子大生、エリコさんと結婚しました。

50才もの年の差カップルに、二人の友人たちはビックリ。

アキヒコさんの友人の男性たちは「よくやるなぁ」「すごい…!」と声をかけます。
「う、うらやましくなんて、ない…!」と、声をしぼりだす男性もいました。

エリコさんの友人の女性たちは、「68才の男と結婚なんてして、何考えてるのかしら…」「夜なんか問題ないの…?」なんて心配しています。

それでもみんなが、二人の結婚を祝福しました。

しかし、その結婚式の途中。
どう見ても100才くらいの、よぼよぼのおじいさんが現れました。

「誰だろう…?」
みんながそう思ったとき。
おじいさんはエリコさんの手を握って、言いました。

「結婚おめでとう、ママ…」

驚くアキヒコさんは、エリコさんに聞きました。

「だ、誰!? こ、このおじいさん!?」

するとエリコさんは、ためらいながら、言いました。

「私が産んだ、息子です」

 

 

これは、どういうことでしょうか?

 

 

◆ 結婚式のミステリー。

というわけで、今のクイズ。

答えが分かりましたでしょうか。

まぁ、あの。

答えはシンプルです。

エリコさんは、118才でした。

アキヒコさんの50才年上です。

100才の老人は、もちろんエリコさんの息子です。
エリコさんに子供がすでにいたことを知って、アキヒコさんが驚いたわけです。

この問題には、いくつかのワナが隠されています。

いや、ワナというほどでもないと思うんですが、一応聞いてください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「今年その大学に入った女子大生、エリコさん」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

どう考えても、ここで18才を想像しますね。
うん。人間として当然です。僕も想像します。

しかし118才で大学に入学する女性だっているかもしれません。
元気なおばあさんならば。

それにおばあさんであっても、「女子大生」と呼ぶのは間違いとは言い切れません。
女性かつ大学生であるなら、女子大生であるはずです!

「いや! 女子というのは女の子という意味で、若くないとダメだ!」

と言い切る男性は、そこら中で開催されている「女子会」で、その主張を行ってください。間違いなく、女子たちに袋だたきにされると思います。

また「エリコさん」という名前から、やはり若い女性を想像するかもしれませんが、こちらもご高齢のエリコさんもいるという現実をご理解ください。

さらにワナは続きます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
50才もの年の差カップルに、二人の友人たちはビックリ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「年の差カップル」、特に50才になると、やはり多くの方が、
「男性が年上、女性が年下」
を想像します。

でももちろん、逆だってありえるはずです。

「いや! 年の差カップルは、男が上という意味だ! 幼妻最高!」

という方は、全国の姉さん女房の前でその主張を(以下略)

そして続きます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
アキヒコさんの友人の男性たちは「よくやるなぁ」「すごい…!」と声をかけます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「よくやるなぁ」「すごい…!」は、純粋に驚嘆です。
「すごい年上フェチなんだなぁ」的な。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「う、うらやましくなんて、ない…!」と、声をしぼりだす男性もいました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

通常、嫉妬のように思える発言です。
しかし本当に、うらやましくなかっただけかもしれません。

いえ、もしくは、この男性もすごい年上フェチで、やはり嫉妬しているのかもしれません。そうだ。それに違いない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
エリコさんの友人の女性たちは、「68才の男と結婚なんてして、何考えてるのかしら…」「夜なんか問題ないの…?」なんて心配しています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

男性の心配をしているように思えるかもしれません。

しかしまぁ、実際は、お互い、夜は少し問題ありそうなので。

 

というわけで、はい。
よろしければ、周囲の人に出してみてください。

「まったく答えが分からなかった!」

という方は、「年の差カップルといえば、必ず男が年上だ!」という考えに、
とらわれている可能性があります。
気をつけましょう。自分のことを棚に上げて。

◆ あなたは大丈夫?

ちなみにこのように、「○○ということは、▲▲に違いない」と思いこみを、心理学では「ヒューリスティックス」と言います。

このヒューリスティックス、もちろん大切です。

たとえば
「今度、女子大生と合コンだぜ!」
と言われたら、普通は「あ、若い女の子だ!」と思うはずです。
このときに、

「いや、女子大生といっても、118才の可能性もある! いったい何才なんだ! 教えてくれ! おい!」

と言ったら、それはかなり、空気の読めない人ということになります。

ものすごく生きづらい人生が待っているかもしれません。

人間は、さまざまなヒューリスティックスによって、色々な判断を効率よく行っているわけです。

ただこのヒューリスティックス、すべての人で、完全に一致しているわけではありません。
そのことを忘れてしまうと、痛い目にあいます。

たとえば「男女が二人で旅行に行く」。

これを「すなわちイコール、深い関係OK!?」
と思う人もいれば、
「いや、ただ旅行に行くだけで、それと深い関係は別」
と思う人もいるかもしれません。

同じように、
「デートの待ち合わせが23時」
ということで、
「高確率で終電を過ぎてしまうわけで、すなわちイコール、深い関係OK!?」
と思う人もいれば、
「いや、普通に終電前に帰るよ?」
と思う人もいます。

それぞれの「○○であるということは、▲▲である」という判断は、時に違う。このことを覚えておくといいかもしれません。

というか男性はほとんどの女性のトークを、勝手に
「ということは深い関係OK!?」
と思うので注意してください。ぶっちゃけ。

そう思っておけば、男女間の誤解はかなり減るはずです。

いずれにしても、「自分の常識は、必ずしも相手の常識ではない」ということを理解しておくだけで、予想外のトラブルが起きたときも、かなり対応しやすくなると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 今回のまとめ。
-----------------------------------

◆ 「○○であるということは、▲▲である」というのは非常に重要だけど、行きすぎると危険!

◆ たまには「相手はそう考えてないかも!」と思っておくだけでも、行き違いは減る!

どうか覚えておいてくださいね。

というわけで、いかがでしたでしょうか。

ちなみに自分自身は、飲み会で、初対面の女性に「精神科医です」と自己紹介すると、

「えー! 精神科医ってことは、何考えてるか何でも読めちゃうんですよねー! やだ、こわーい!」

とよく言われます。

あ、精神科医って、そういうヒューリスティックスなんだー。

そう思われたら、まぁ、しかたないのかな、とか思うわけですが。

隣にいた友人の精神科医は、こう言われていました。

「えー! 精神科医ってことは、何考えてるか何でも読めちゃうんですよねー! すごーい!」
 

うん、あれ?
さっきと違いません?

精神科医というより、僕自身のイメージによるヒューリスティックスだったようです。

切ない思い出に浸りつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)