マンガで分かる心療内科・精神科in新宿 第37回「摂食障害・拒食症って何?」後編


マンガで分かる心療内科・精神科in新宿

第37回「摂食障害・拒食症って何?」後編

 

先に、こちらの前編をお読みください。

 

「標準体重って何?」という話題から、後編です。

 

 

 

 

 

 

 

 

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・戸愚呂(母)…Y

 

◆ 解説

というわけで、摂食障害の話。いかがでしたでしょうか。

そういえば以前、「フードファイト」という、大食い・早食いの番組が流行しました。
そこではラーメン数十杯とか、ビックリするほど大量の食事を食べたりしていたのですが。

実際、そこに出場していた人の多くが、摂食障害だった可能性があるという話を聞きました。
番組で食べたものを、すぐに吐いていたそうです。
まぁ、確かに大量に食べていた割には、出場者の大半はヤセていたわけで、「吐いていた」と考えれば、つじつまは合います。
大量に食べていたら、普通に考えたら脂肪は増えますし。

とはいえもちろん、「食べても食べてもあまり吸収しない体質」と考えることもできます。
しかし本当にそうだとしたら、その人がサバイバル状況に陥ったとき、ものすごく危険な気がします。

思い切り関係ない話にそれましたが、とにかく摂食障害の場合、根本的なストレスを緩和する必要があります。
そのために、薬剤やカウンセリングなどの治療が行われますが、純粋なうつ病などに比べて、少しだけ時間を必要とします。
焦らずにじっくり治療することが大切です。

思い当たることがあれば、お気軽にメンタルに問い合わせてみてください。

また、食事で思い出したのですが。
心理学者プリナーが行ったこんな実験があります。

彼は被験者の女性の前に、たくさんのスナック菓子を置きました。

そして、「今から目の前に人が来ますが、気にせずガンガンお菓子を食べちゃってください」と言いました。
このときに目の前に来る人は、

A「魅力的な男性」
B「普通の男性」

としました。

すると何と。

A「魅力的な男性」

を前にした場合、

B「普通の男性」

を前にしたときに比べて、お菓子を食べる量が、ずっと少なくなったのです。

女性は魅力的な男性を前にすると、「女性らしいと思われたい」と考え、食事量を無意識にコントロールしてしまうのかもしれません。

ですのであなたが男性で、女性とデートをした場合。
彼女がどれだけ食べるか、というのを好意の判断基準にしてもいいかもしれません。

………。

ちなみに僕は、小食の女性と食事をしたことがありません。

「あれ? これフードファイト? 番組始まってる?」

ということもありました。

………。

これは、魅力を感じてないんじゃない。
自分との食事があまりに楽しくて食が進んでるんだ。

そんな風に自己暗示を掛けながら日々を生きています。
みなさまここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

 

単行本も発売中です。

  

ゆうメンタルクリニック新宿院
 
03-3342-6777

お気軽にご連絡いただければ幸いです。